講座の内容

 |  |  | 4

講座の内容のお知らせ

講座は順番に習って欲しいと願っていますが、欲張りなあなたは早く縫ってみたくて、矢も盾もたまらないことでしょう。

飛び級は一括購入した場合に可能です。
出来上がっている全ての講座内容のパスワードをお渡しします。

ご興味のあるところを覗きながら、自分の足りないスキルを後から補っても大丈夫です。
会員限定ブログでは、講座の内容に細かくタイトルをつけています。

 

何回目かだけでなくタイトルでも探せるようにしてあるので、興味のあることろから始めても構いません。
動画では、以前に取り上げたことでも、その作業の度にまた振り返ってお教えしています。

教科書ではなく、実技としてお教えするからです。

※月額購入の場合は、順番に管理が煩雑になるので順番でお願いします。

教材は子供服を扱っていますが、大人服で縫う前提での講義です

私は何度も書いてますが、婦人服のアパレルメーカーと取引してきた経験を生かして、本講座の講義をしています。

子供服を扱っている理由は、単純に縫う距離が少ないから。

 

大人服は長いので、生地もたくさん必要だし、大きいから作るのも骨が折れ、何度も挑戦するのはしんどいからです。

子供服の短い距離で、縫い方のノウハウだけ学んで、数を多く縫って欲しいと願っています。
練習するのは小さいサイズでやって、上手になったら大人の服で挑戦したらいいと考えるからです。

ですので、本講座の内容は、本格的な縫い方であること

1ヶ月目はゴム入りのスカートを最初に作り、次にサーキュラースカートを作ります。

スカート

このイラストに私の願いが込められています。

お母さんが縫ってくれるのをワクワクしながら待ちわびていた子が、「履いてごらん」と言われて、出来上がったスカートがクルクル回ると広がる夢がかなう瞬間です。

 

ベルトを付けたことがない方でも十分に縫えるようになったとご好評頂いております。

1ヵ月の範囲は30回ですが、講座の内容により前後します。
サーキュラースカートの終了は35回目です。

 

2か月目 布ループの被りのワンピース

ベルトを付ける方法を学んでいただいたので、2か月目はワンボタン明きのワンピースに挑戦です。

裾のカーブの縫い方、布ループを挟み込むプロの技術、接着芯で見返しを作り縫い返す方法など習います。

初心者の方は少しつまづくこともある内容ですが、ちょっと難しいことをするのは決して間違っていません。失敗から得られるものの方が大きいからです。

 

個別のサポートはしないので、少しずつ理解の範囲を広げるためにも、出来てなくても先の動画を見て欲しいです。

ワンピースの終了会は80回です。2か月目は60回で終わりなので、20回オーバーとなっています。

3か月目はギャザーについて

ミシン

1か月目が35回 2か月目は80回ときて3か月目は中途半端になってしまったことと、一度おさらい方々、真っすぐ縫うことに付いて深く掘り下げてみようということで、1枚の生地でミシンの練習をする講座です。

難しいものを縫う前に、コバステッチが出来るようになっていて欲しいのと、ギャザーを縫うためにもミシンの針が落ちる位置を把握して欲しいためです。

終了回数94回目(3か月×30=90回 4回オーバー)

4か月目はファスナー付きの本格的なパンツ

パンツ

パンツ

女の子向けのものが続いたので、ガラッと変えて男の子に喜ばれる、本格的なパンツを作ります。

前立てのファスナーに挑戦するため、部分縫いを重ねて練習する回数もとって、前立てのファスナーです。

そろそろコバステッチも上達したころになると思うので、Yシャツに使えるアウトポケットの縫い方も教えます。

 

ネット販売を目指す方に、この情報はきっと大きな味方になることでしょう

終了148回目(4か月×30=120回 28回オーバー)

 

 

 

6か月目 囲み作図の書き方

ブラウス

ブラウス

囲み作図

講座を始めるにあたり、型紙が書けるようになりたいという夢をたくさんお聞きしました。

「型紙は囲み作図ですか?原型ですか?」とお聞きすると、何のことだかわからないという方が意外に多くて、型紙そのものが知られていない現実を感じました。

 

他のページでも書きましたが、手芸店でももらえる型紙も囲み作図です。

囲み作図が書けると、原型を書くのはそれほど大変ではありません。

製図は方程式のようなものであり、やり方が分かると全部同じ方法で書くことが出来るからです。
ということで、囲み作図から教材の型紙を作ってみようという講義です。

袖の書き方も教えたので、セットインスリーブのいせミシンをかけて、本格的な袖付けを覚えてもらいます。

終了回は194回目です。(5か月×30=150回 44回オーバー)

6か月目 袖口の明きを作ってカフスにする

おしゃれ着を縫うためにも欠かせないのが袖の明きの作り方です。

この月はカフスの作り方、縫い方もやります。

終了回210回 (6か月×30=180回 30回オーバー)

7か月目 原型を書いて衿を作る

衿

衿の作り方です。

原型からブラウスを製図して、衿を作って前明きのブラウスに仕立てます。

原型を書くのは何も製図を全て自分でやらなければならないという意味ではなく。市販の型紙から自分の作りたい型紙へ改良する目的も狙ってます。

被りのスタイルが圧倒的に多い市販のパターンに手を加えて、前をボタン明きにする、衿付きにするなど手を加えてバリエーションを増やすために、原型の書き方から、軽量の寸法を割り出すのに便利だからです。

 

現在ここまで継続中。240回目に到達。

残り135回分で、衿を3種類やって、スカートの作り方をファスナー付けから本格的に縫い、残った回数を逆算してポケットやジャケットに触れることが出来ればいいなと考えています。

が、やってみない事にはわかりません。

 

講座の内容へ4件のフィードバックがあります。

  1. 初心者です。
    講座を検討しています。
    市販の型紙から サイズ補正もできるようになりますか?

    1. 平山順子様

      初めまして、ずぼらでもパリコレ 小川タカコです!
      ご質問いただき、ありがとうございました。

      一言ではお答えできない内容でしたので、ページを作りました。
      洋裁が自宅で学べる1年講座では、型紙のどんなことが学べるのか、縫うことはどのようなことなのか、書きました。
      http://nuitai.net/1year.course/?p=90
      表題のところにもリンクを貼りますね。

      ご検討くださったら幸いです。

      1. 返信 ありがとうございました。
        型紙の補正を 初心者が どうとらえたら良いかが よくわかりました。
        ありがとうございます。
        講座を受講しようと思いますが 、すみません、これは 購入後 スマホで観れるのでしょうか??
        DM便で届くということは パソコンで観るのでしょうか?💦 すみません、機械音痴すぎて わからないので 教えていただけるとありがたいです。
        メールの返信が できなくて Instagramのダイレクトメールにも 同じく内容のメールをしてしまいました。重なって届いていたら 申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

        1. ご検討いただき、またご入会のご英断をありがとうございます💛

          スマホでご覧になられている会員様の方が多いです。
          DM便でお届けするのは、DVDマニュアルだけで、講座の方はオンラインですからご心配いりません。

          サイズの変更を、どのようにしたいかをお聞きすればよかったです!
          着丈が足りなくてお困りの方は、原型は着丈を入れて書くものなので、改善しやすくなります。

          製図も原型と着丈で書いていくので、ご自身の欲しい丈の長さで自在に製図できるようになります。

          サイズ変更で難しいのは、バストが大きく、肩幅がそれほど大きくない方の補正です。
          仮縫いをして、補正をします。

          ダーツを後ろ肩に入れたり、首の後ろにも切り開きするなど、テクニックが必要になります。
          私は大きいサイズの方のオーダーメイドもしていたので、その辺の知識はあるのですが、百通りの体型があって、なかなか難しいです。

          明日、ご登録してご連絡しますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です