洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 16

シャツカラー

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁が自宅で学べる一年講座の小川タカコです。

洋裁が自宅で学べる365回講座の詳細ページです。
洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁が自宅で学べる365回講座 16でお伝えすること

シャツカラーの代表的な縫い方で、フラットカラーで覚えた衿付けの基本をさらに深めてまいりましょう!

シャツカラーの基本をマスターする

シャツカラーは実に多彩に応用が利くデザインですので、一度覚えると、自転車と同じで素材を選ばず、どんな時でも使い回しが可能です。

前の部分は見返しと身頃ではさんで、コバステッチで押さえます。

シャツカラー2

衿ぐりは細く削ぐようにして、切り込みを入れてカーブを滑らかに形にします。

衿ぐりなどのカーブの切り込み

  • 切り込みを入れるのが嫌いというか、
  • おっかなびっくりで腰が引けて行うと、
  • 切る角度がねじれたり、
  • 斜めに入ったり
  • 切り込みが足らないなど

良いことは起きません。

覚悟を決めて、先端まで切れるハサミで、

ゆっくりでいいので、正確に切り込みを入れましょう

後ろ衿ぐりは衿で身頃をはさむ

前の衿は身頃側だったのに、後ろ衿ぐりは真逆に衿の方にグルっとねじって、衿で身頃をはさみます。

衿の縫い代を逆向きにする

肩線の延長のところに切り込みを入れ、衿の向きを反対の衿側に立たせます。

衿の方に立たせる シャツカラー 後ろ部分

このステッチは、前身頃の衿付け止まりからスタートさせ、後ろ衿ぐりを縫って、反対側の衿付け止まりまで一気に縫います。

シャツカラー衿付け止まり

衿付け止まり部分で、返し縫いをスリムにシュッと返し縫いをして、反対の前身頃のこの位置で返し縫いをします。

衿付け止まりの左右が完全に一致するように縫う事

衿付けで一番NGなことは、衿付け止まり(ボタンの半径)分が、左右同一の長さになっている事です。

シャツカラー 左右同一

衿の根元を留めて、上と下、同じであること。
身頃から衿の先までも同じ長さでないと、不具合になり、非常に悪目立ちするので要注意です。

講座では、衿付け止まりの左右差をなくすコツや、衿の長さを同一にするコツを詳しく解説します。

シャツカラー 衿付け止まり

このようにフワッと身頃に倒れてくる、自然な衿が正確に縫えるようにお伝えするので、衿の苦手意識に縛られていたあなたも、

何でもかんでも衿を付けたくなっちゃうほど、衿の面白さにハマりますよ^^

私は修業時代、丸首の仕立てのブラウスが一番嫌いでした。
シンプルな方が難しいのです。

その点シャツカラーは、衿と見返しと身頃だけで縫えるし、切り込みを入れて縫い代を逆転させる醍醐味もあり、面白さとしては最高に楽しいデザインです。

あなたもシャツカラー職人になっちゃいましょう!♪

洋裁が自宅で学べる365回講座の一覧ページはこちら

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 19

2019.01.15

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 18

2019.01.15

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 17

2019.01.14

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 16

2019.01.11

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 15

2019.01.08

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 14

2019.01.08

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 13

2019.01.05

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 12

2019.01.05

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 11

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 10

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 09

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 08

2019.01.04

新春縫い初めセール!ママブランドが必要になる卒業入学シーズン

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 06

2019.01.03

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 05

2019.01.03

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 04

2019.01.03

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 03

2019.01.02

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 02

2019.01.02

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 01

2019.01.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください