洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 17

台衿付きシャツカラー 柄合わせ

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁が自宅で学べる一年講座の小川タカコです。

洋裁が自宅で学べる365回講座の詳細ページです。
洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁が自宅で学べる365回講座 17でお伝えすること

台衿付きシャツカラーに挑んで、大失敗してしまったというお話をよくお聞きします。

講座では台衿付きシャツカラーの縫う手順を変えて、失敗するリスクをなくし、失敗しない台衿の作り方をお伝えします。

台衿付きシャツカラーの製図

台衿付きシャツカラーの製図の理解の仕方からお伝えします。

台衿とシャツカラーの関係が分からないと、どうしても失敗してしまい率が下げることが出来ません。

洋裁は縫う手順と同じくらいに、型紙からの情報を読み取る力が必要です。
どのように測って、正確無比なLを作っていくのか、とても大切なことをここで覚えて欲しいのです。

縫い合わせるもの同士の寸法が正確であれば、後は縫いズレないように縫うことに集中できます。

洋裁はその時の作業にどれだけ集中できるかで、仕上がりが全く違ってきます。

台衿付きシャツカラーで柄合わせ

チェックの柄合わせ
台衿付きシャツカラーでチェックの市販品では柄合わせされていないものも多い
きっちり柄合わせしてあるだけで、グレードが高めらる
台衿付きシャツカラーはチェックの柄でも多く縫われています。
洋裁が自宅で学べる365回講座では、既製服のように縫うことを目的としています。

台衿付きシャツカラーを無地で縫うだけでなく、柄合わせまでキッチリと合わせることで、あなたの作品が販売されている物よりもずっと価値のある品質になります。

台衿付きシャツカラー 柄を合わせる

 

台衿付きシャツカラー 自然に倒れる衿

台衿付きシャツカラーの縫う順番でミスを防ぐ

台衿付きシャツカラーの危険を完全に回避
台衿付きシャツカラーの縫う順番をミスが起きない縫い方にして、危険を完全にシャットアウトしましょう!
確実で堅実な方法で縫うと、
不安もなく集中して取り組めるため
より仕上がりも良くなります
台衿付きシャツカラーに限らず、全てのお洋服は手で縫っていくため、微妙に大きさの差が出てしまいます。

通常のお洋服であれば、微妙な違いは色々な部分で逃がしていくことが出来、決定的なミスは起こりにくいものです。

台衿付きシャツカラーに関してだけは、微妙な大きさの差が出た場合、決定的なダメージになってしまい、作り直しにもなりかねません。

台衿付きシャツカラー 衿先

縫うことに慣れていない人、ナヤミちゃんです。

ナヤミ
台衿付きシャツカラーは苦手だなぁ…
いつも失敗しちゃうから、今度も失敗してしまうかもしれない。。。

一生懸命にやっても、だって難しいんだもん!
本のイラストはすごく簡単そうに書いてあるのに、どうしてなの????

ナヤミちゃんが悩みながら縫う気持ちはすごく良く理解できます。
誰だって、苦手なものをやろうとする時は緊張するし、マイナスなイメージを持って、不安を抱えた気持で縫うのはしょうがないことかもしれません。

でも、失敗は不安から起きてしまうのは、言うまでもないですよね。
マイナスな感情や、不安さでは、集中力がまず激減します。

ポテンシャルの高いときは、視界が広く、鳥が上空から見下ろすようなイメージで大きく視界を捉えることが可能です。

でも不安で縮こまっていると、視野は狭く、不安な所しか見れないので安易にミスが起き、ミスのためのミスが起き、負のスパイラルに陥ります。

洋裁は工程がとても長いので、ミスのためのミスが連発すると、取り返しがつかないことになります。

台衿付きシャツカラーは台衿の裏側の処理も重要

台衿付きシャツカラー 台衿裏

台衿付きシャツカラーは台衿の裏側がねじれて、最悪の時は、縫い合わせられなくなったりします。

初心者で不安の多いあなたでも、ちょっとしたコツを覚えると、台衿のステッチが毎回夢のように美しく縫えるスキルが身に付きます。

台衿付きシャツカラーは難しいからこそ、大成功する体験が出来たら才能が開花する

台衿付きシャツカラーで大成功すると得られるもの
困難なデザインでの成功体験は、脳の働きを生まれ変えさせる

洋裁が自宅で学べる365回講座の主旨は、成功体験を数多くしていただくことです。
そういう意味でも、台衿付きシャツカラーがあなたの才能を開花させる、大きな武器になるとお約束します。

何故ならば、大成功した経験は、記憶に非常に強く残り、今まで出来なかったときの経験にまで、波及していきます。
失敗を分析することが可能になり、失敗が成功へつながるきっかけが、大成功する体験です。

理論も分からず、同じ失敗を何度繰り返しても、成功するようになれません。

逆に、1回でも困難を撃破し大成功をした体験があると、常に勝利するための脳の働きに生まれ変われます。

成功するために働かせる脳の役割が、いつも働いてくれるようになると、あなたの創作への才能は大きく開花します。
夢が広がる実感を、台衿付きシャツカラーで得てください。

台衿付きシャツカラーは具体的に一点突破

パーツが多いときほど一点突破
台衿付きシャツカラーなど、部品と部品を組み合わせるものは
1個ずつ仕上げて、確実に堅実に縫う

台衿付きシャツカラーのようなパーツが多いお洋服を縫うコツは、単純に一点を集中して縫い、一個づつ撃破していく戦法が大変有利です。

具体的に戦略を組んで、1個ずつ確実に撃破していき、集中を上手にコントロールして、不安なものを残さない戦略を立てることが重要です。

逆算して縫う順番を考える習慣がつくと、あなたはミスが少なくなるばかりでなく、ミスを次のステージに持ち越さなくて済むので、ミシンが楽しくてたまらなくなります。

パーツの多いお洋服ほど楽しくなる魔法のレッスンを、台衿シャツカラーで学びましょう!

台衿付きシャツカラーのDVDマニュアルと講座との違いは何?

台衿付きシャツカラーは、洋裁が自宅で学べる365回講座とは別に、DVDマニュアルも販売しています。
台衿付きシャツカラーのDVDマニュアルはこちら

  • 講座と重複するんじゃないのか?
  • DVDマニュアルと講座の違いは何?

というご質問をたくさんいただきます。

講座の台衿付きシャツカラーは既製品の縫い方
講座でお伝えする台衿付きシャツカラーは、量販店などでもある
ごく一般的な台衿付きシャツカラーの縫い方

洋裁が自宅で学べる365回講座での台衿付きシャツカラーは、お店で売っているごく一般的な縫い方です。
後ろ衿を立たせてきていると、着心地が悪く感じたり、ネクタイを締めたら衿が跳ね上がったりするでしょう?

それだけの縫い方しかしていないので、どうしようもないことなのですが。
でも基礎が分かってから、マニュアルでもっとグレードの高い縫い方を知った方が身に付けられるので、講座で基礎を知って、自由に縫えるようになってからDVDマニュアルで、さらなる高みを身に付けていただく方が分かりやすいかと存じます。

台衿シャツカラー 一般的な縫い方
台衿付きシャツカラーのDVDマニュアルは、ネクタイも出来るあつらえた感の強い、もっとグレードの高い縫い方

台衿付きシャツカラーのDVDマニュアルは型紙を修正するので、もっとグレードが高くなります。

さらに重要なのは、素材が分厚いものの時でも、縫うのに困らない秘策を、型紙の修正も盛り込むやり方です。

もっともミスが起きにくく、最も美しく、素材の厚みへの対応も含めた縫い方です。

50分の動画を収録したDVDが8枚もあり、台衿付きシャツカラーをどんな素材でも縫えるようになれるマニュアルです。
初心者の方でも苦にならず縫える秘策を、惜しみなくお伝えしています。

台衿シャツカラー DVDマニュアル
台衿シャツカラーDVDマニュアルおお申込みはこちら

洋裁が自宅で学べる365回講座の一覧ページはこちら

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 17

2019.01.14

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 16

2019.01.11

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 15

2019.01.08

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 14

2019.01.08

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 13

2019.01.05

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 12

2019.01.05

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 11

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 10

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 09

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 08

2019.01.04

新春縫い初めセール!ママブランドが必要になる卒業入学シーズン

2019.01.04

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 06

2019.01.03

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 05

2019.01.03

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 04

2019.01.03

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 03

2019.01.02

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 02

2019.01.02

洋裁が自宅で学べる365回講座のカリキュラム 01

2019.01.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください