ダブルガーゼはなぜ縫いズレが起きてしまうのか?

ダブルガーゼ

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

ダブルガーゼは伸びやすい素材

ダブルガーゼを検証の為にいくつか縫っていて感じたことは、ダブルガーゼは非常に伸びやすい素材であるということです。

「伸びるから縫えないって言ってる」

と怒られそうですが、話は最後まで聞いてください。

裁断の時に、縦と横を完璧に合わせてないと縫うのは難しいという前提を、まずは理解してほしいです。

 

このように糸を引いて、使う分の全体を、縦と横を格子状態に整える必要があります。

もちろんその前に水に一晩つけ置きして、陰干しをし収縮を完全に済ませておきます。

 

ダブルガーゼの伸びを理解する

ダブルガーゼもそうなのですが、伸びる生地を取り扱う場合に、伸びたらどうなるのかをよく理解する事が大事です。

『伸びてない状態』を一言であなたは言えますか?

上記の見出し1にも書きましたが、伸びる素材のダブルガーゼは、
伸びたらどういう状態になっているのでしょう?

伸びている状態と、伸びていない状態を縫う場面で、常に意識することで、伸ばさずに縫えます。

ダブルガーゼ

このように12か月の子どものサイズでのアームホールは、とても小さいです。

しかも袖は山型、身頃はえぐられたカーブで、逆カーブを伸ばさずにつけなければならないため、理解だけでは足りす、コツとノウハウが必要です。

でも、袖ぐりのぐるりをチェックしても、どちらか一方が溜まってぶわっと余ったりしていないでしょう?
ちゃんと同寸(同じ寸法)で縫い合わせてあるからです。

 

ダブルガーゼの伸びを抑えるものがあればもっといい

上記のように伸ばさない状態は何なのかを分かっても、縫う時にミシンが勝手に伸ばしてしまう構造を理解して、伸びないように対策をしない限り、伸びるのを防ぎきることができません。

袖付けの画像もですが

ダブルガーゼ

裾のカーブの細い三巻も、同じ原理です。

伸ばさずに織り糸に負担をかけさせず縫うことで、形として可能な形はほぼ作れます。

伸ばさないようにぬうのは、コツと方法が分かればいいだけです。
ミシンの初心者の方でも、なぜ伸びてしまうのかがわかって、伸びない対策をとれば、問題なくぬえるようになれます。

縫いズレに関してはこちらで販売しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください