衿の失敗1位。衿が被り分が少なく跳ね上がらずに衿が縫える方法

衿の被り分とは?

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁が自宅で学べる一年講座の小川タカコです。

衿について、先日より発信しているのですが、今日は撮影ができたので、動画と合わせてご報告しますね^^

洋裁が自宅で学べる365回講座からの抜粋教材、衿について

洋裁が自宅で学べる365回講座では、月額課金の制度をやめて、ご一括でのご購入だけにしました。

ゆうちょのお振込をお忘れになる方もいらっしゃったり、催促したりする心苦しさもあったりですが、講座がそもそも365回を使って、洋裁の基礎を覚えてもらおうという目的だからです。

月額で毎月しみじみ習っていただくよりも、後半の濃厚すぎるくらい濃縮した内容をちらちら見ながら、最初からいっぱい見る、いっぱい調べながら学んで欲しいからです。

学んでも、高額を何も見ないでポンと出すのはちょっと…という人の為に、抜粋で小分けした商品を出すことにしました。

衿やアウトポケット、前立てファスナーなど、部分的に見ていただいてご購入をご検討いただくためにもなるし、部分的に詳しくお伝えすることで、

ヌエルちゃん
こんなに習えて、自分の原型でデザインも出来るようになって
他では絶対にないプロのアプローチの仕方も覚えられて
お得だったわぁ!

なぜ、お客様のお声で皆さんが他と違うとおっしゃってくださるのかを、少しでも知ってもらえたらいいなと願って、抜粋商品も作ることにしました。

でも、ごめんなさい。
分割と同じ料金ではありません。

割高になってしまいます。そこだけはお許しくださいね。

衿はフラットカラー、シャツカラー、台衿付きシャツカラーの3種

洋裁が自宅で学べる365回講座からの抜粋商品では、衿は3種類です。

フラットカラー

フラットカラーは35回分で、26,784 円(税込)

 

シャツカラーは11回分で8,424 円(税込)

シャツ衿

台衿付きシャツカラーは20回分で 29,139 円(税込)

台衿付きシャツカラー 台衿付きシャツカラー

 

講座から重要な所だけ抜いてある商品なので、これだけでもすごく上達しますのでぜひ、ご検討くださいませ。

衿の構造とは? 衿とはどういう考え方で縫うの?

衿の構造とはどのようなことなのかを、知らないで縫うのと

衿の仕組みや表衿と裏衿の差を、どうしてつけるのかを知って縫うのとでは、

出来上がりが全く違うだろうと、ご想像いただけると思うのですが

構造が理解出来てないで縫う失敗は、見るも無残です。

衿が顔の方に持ち上がって、下向きになってくれません
台衿の裏がねじれるとか、そういう問題以前の、衿として形になってくれない失敗です。

その点、構造が分かっていて失敗するのであれば、修正するのも可能になる部分が増えますし、そもそも失敗しにくいですよね、原因と対策がちゃんとしているからです。

衿とはどういうものなのかを、動画で説明しているので、テキストは簡単に書いておきますね。

表衿は裏衿よりも2mm大きくなっていることが、必要ですということです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください