衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由⑦

衿の先

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁が自宅で学べる一年講座の小川タカコです。

台衿付きシャツカラー連載 その1

台衿付きシャツカラーDVDマニュアルの有料商材の中から、公開できるものがあったので、連載の半ばまで来ました。
9回までの続き物でスタートしましたが、10回まで伸びるかもしれないです。

書けるのは短くなりますが、アパレルの裏話や衿の関連のことも書いていくので、楽しんでいただけたら嬉しいです。
前回のをまだお読みでない方は、ぜひこちらもご覧くださいませ。
①衿の縫い代の折り方を教えてくれたシャツ職人さんの記事
②衿などの形をしっかり付けるものは指で瞬間冷却
③衿の先端のアイロンは、中側の形が決定する
④衿先の縫い代の処理不足は、ミシンの縫い目から縫い代が脱走する
⑤衿の縫い代を表になった時にあいまいを残さず衿の厚みを薄くする
⑥台衿付きシャツカラーの最初にするのはシャツカラーを完成させる

この記事の続きはこちらです。
⑧台衿付きシャツカラーの裏衿側にノッチを必ず入れないとならない理由

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由⑧

2018.12.13

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由⑥

2018.12.10

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由⑤

2018.12.09

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由④

2018.12.08

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由③

2018.12.07

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由②

2018.12.06

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない ①

2018.12.05

衿のとがりを出そうとして飛び出した縫い目は、もどりにくい

衿の先端のとがらせ方の解説、7回目の今回は、飛び出してしまったミシンの糸は戻しにくいということに付いてです。

衿の先

上と下の縫い目のところを注目して欲しいのです。

上の縫い目のところは、生地がきゅっと手を握り合ったような感じがします。

下の画像は先に行くにしたがって、だんだんかみ合わせがゆるくなって、広がっていっていますよね。

衿先2

赤丸のところです。
ミシンの糸も広げられて、めきょっ!と出ちゃってます。

縫い代がギュー詰めになっているために、縫い代がミシンの糸調子を無理やりに広げて、縫い代の内部の窮屈さから逃げ出そうとしているんですね。

こうなったのは、もう一度裏側に戻して縫い代の折り直しをしてあげても、ミシンの糸が一部分だけ押し広げられたクセがついてしまうので、なかなかミシン糸の飛び出しは元に戻すことが出来ません。

衿先のミシンの糸の飛び出しを戻したい時

衿の縫い代がミシンの糸調子を狂わせてまで、飛び出そうとしたことなので、ミシンの糸を目打ちできゅ!きゅ!と、衿先の部分を引っ張って、きつくしてあげて、ゆるんでしまった分を他のところに散らす、

または、余分な分が多いときは針などを使って、余分を結わいて、出ないように引き締めるなどします。

けっこう神経を使った作業です。

それほど神経を使ってやっても、一度ついたクセはなかなか戻せないので、その辺のところを十分に注意して、縫い代の処理をしてあげてくださいね^^

衿先の動画⑦

連載の過去記事はこちら

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由⑧

2018.12.13

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由⑥

2018.12.10

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由⑤

2018.12.09

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由④

2018.12.08

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由③

2018.12.07

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない理由②

2018.12.06

衿先を尖らせるために衿の縫い代を切り落としてはいけない ①

2018.12.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください