台衿シャツカラーの縫い代は1cmにしてから細く切り落とす

台衿付きシャツカラーの縫い代の厚みを薄くするプロの技 洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 台衿付きシャツカラー

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の小川タカコです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座では、裁ちばさみの使い方も何度も繰り返しお伝えする重要事項です。

縫い代の分厚いところは裁ちばさみで薄く削ぐ

[box class=”blue_box” title=”縫い代の幅は常に1cm”]
縫い代を1cmで縫って、中を縫い終わってから、細く切り落とします。
洋裁の基本は1cmが最少の縫い代幅と決めてしまうと、やりやすくなります。
[/box]
[aside type=”warning”]台衿の縫い代も最初から6mm
後から切り落とすことにはなりますが

  • もしもの時に足りなくなったり、
  • 折るのも不安定になるので
  • 台衿などの細いものでも、1cmの基準を守り
  • 縫い代はほとんどの場合、どこでも最少を1cmに決めて、縫ってから細く切り落とす方が無難です。

[/aside]
ちょっとしたことでも難しい状況になりやすいので、常に一定の幅で縫うことを続ける安全策で、慣れていきます。

どうしても細いものを縫う時は、

パイピングなどの出来上がりの幅が最初から、細い場合のみです。

台衿付きシャツカラーなどの分厚い縫い代を直角にハサミを当てて切った場合

台衿付きシャツカラーの縫い代の厚みを薄くするプロの技 洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 縫い代にハサミを直角に当てて切る

この画像のように縫い代に対し直角に裁ちばさみを充てて切ると、切断面は同じ幅で切り立った崖のようになります。

台衿付きシャツカラーの縫い代の厚みを薄くするプロの技 洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 ハサミを直角にして切ったため縫い代も同じ幅で厚みが分散できない

縫い代が分厚いときは裁ちばさみを寝かせて切る

[box class=”blue_box” title=”縫い代は分厚くなったらなだらかにする”]
縫い代が重なって分厚くなったら、階段状に段々にする
[/box]

台衿付きシャツカラーの縫い代の厚みを薄くするプロの技 洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 4 ハサミの手の方に寝かせて削ぎ落として切るとメリットが大きい

この画像は最初のと違うのは、上に見えている裁ちばさみの刃の部分を、衿の下にある指にあてるように、縫い代に斜めに裁ちばさみが当たるようにしています。

削ぐように切っています。

台衿付きシャツカラーの縫い代の厚みを薄くするプロの技 洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 3縫い代が階段状になり、その後の作業でも着用後にも縫い代のかかる力が分散されメリットが大きい

縫い代が断崖絶壁の切り立った崖のようになると、その後にステッチをかける時に、押え金がぶれやすくなります。

厚みのある縫い代があって、7mm弱に切り落としてあるので、押え金がグラグラしてしまうためです。

[aside type=”warning”]断崖の縫い代に押え金がぐらつく
ミシンは繊細なマシンなので、ちょっとのことでも不調になります。

  • 上糸が切れたり、
  • 糸調子がたわんだり
  • ステッチがよろめいたり…

[/aside

ちょっとしたことなのですが、ミシンは過剰に反応してしまう時があります。

縫い代を階段状にする効果は絶大

[box class=”blue_box” title=”縫い代の厚みを分散させる効果”]

  • 押え金が安定して、ステッチがかけやすい
  • アイロンに当たるのも分散され、焦げたり、アイロンの跡が分散される
  • 着用後にもこすれに強く、生地が傷みにくい

[/box]

せっかくなら縫ったりほどいたりしないように、事前に対策をしていきましょう!
あなたもミシンちゃんも、そしてアイロンにもストレスが少なくなります。

[aside type=”warning”]縫い代の切り立った落差
アイロンもガックンと切り立った落差には
とがった部分に強く当たります。

  • 焦がしやすくなったり、
  • 汚れの付着など
  • 着用後もこすられるのが分散されないので傷みやすい

などの様々な負のスパイラルが発生します。
[/aside]

ちょっと手をかけてあげるだけで完成までのリスクを最小限に減らせるとしたら、すごくおいしい話じゃないですか?(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そして完成後のアイロンにも、なだらかな縫い代の始末をしてあるお洋服は、アイロンがけがしやすいんですよ。
縫う時にアイロンがしやすかったのと同じで、完成後にもなだらかなバリアフリーは永遠にそのお洋服の価値を高めてくれます。

ずっと着用していると、衿ぐりの内側の後ろの部分が、最初に傷んできますよね。

なだらかなバリアフリーは、こすれることで起きる生地の傷みにも、効果があり長く着用できる効果だってあるんです!

動画でも解説しましたが、コットン程度であればハサミを寝かせて切る程度でいいのですが、もっと分厚い素材の時は、2段階に分けて縫い代に段差を作って、薄く削ぐ仕立てにします。

縫い代に段差をつけて高級感を作る仕立て方

では、動画をどうぞ

襟に関してのカテゴリーはこちらです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な、24時間自宅で学べる365回講座と1着sewingはセットでお勉強していただくと、相乗効果が高いのでお勧めです。

4月の末に3万~5万くらい値上げをする予定です。
ご検討中の方はお早めにご購入くださいませ。

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座をご購入をご検討の方は、こちらへ

洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の内容の一覧ページはこちら
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座ステップごとに詳しい詳細が書いてあります。
縫う時の工程の順番の参考になります。
[kanren postid=”2041,2060,2065,2098,2101,2120,2144,2155,2171,2187,2211,2227,2241,2249,2288,2313,2357,2384,2404″]
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の【お客様の声】はこちらです。
[kanren postid=”2791,2468,1406,1419,995,1209,1214,1132″]

コメント

お申し込みはこちら
タイトルとURLをコピーしました