コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのは危険

コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのが、とても危険|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 コンシールファスナー

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の小川タカコです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座とDVDマニュアルの違いについて

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座では洋裁の基礎について19のSTEPで学んでいただくものです。
全体で63時間の動画で詳しく洋裁の基礎を解説しながら、1着ずつ完成まで作っていくことで成功体験を数多くしていただき、基礎だけのだるい感じより、もっと縫いたいと完成度が高くなる面白さを体感するうちに技術が身につくスタイルです。

コンシールファスナーを付ける時に両面テープを使うとはがせなくなる

コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのが、とても危険である第二弾です。

コンシールファスナーの土台布に粘着剤が残ってしまったり、生地から両面テープがはがせなくなることがあります。

コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのが、とても危険|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座1min

もしくはムリにはがそうとすると生地に負担がかかり、生地の織り糸が引っ張られて、傷物になってしまう恐れもあります。

動画でもしまいにははがせなくなり、作業停止となりました。

コンシールファスナーが良好な状態とは?

コンシールファスナーの土台布は、表の生地と付けてあるミシンの縫ったところだけが、くっついているのが一番状態として良く働いてくれます。

コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのが、とても危険。コンシールファスナーは縫ったところとだけ生地と付いていることが一番良好|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座6

このようにコンシールファスナーを縫ったミシンのところ以外は、全部のコンシールファスナーの部分は生地と離れていることが重要です。

コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのが、とても危険。コンシールファスナーは縫ったところとだけ生地と付いていることが一番良好|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座7

コンシールファスナーの土台の布は、あまりわからないかもしれないですが、柔軟性に富んでいて、生地にふわっと合わせてくれるので、縫い目のように美しく見せてくれる最高の部品がコンシールファスナーです。

ですから、コンシールファスナーが上級なお洋服に多用されるのです。

コンシールファスナーはむずかしいので、両面テープを使ってまでも、安定させて縫いたい気持ちはわかります。
不安定だと縫いにくいですものね。

でも生地にやさしく、生地をいたわる作業にしてあげないと、頑丈な生地だけしか縫えないという結果にもなります。

繊細な生地の時のためにも、生地に負担が大きい縫い方、付け方をしていると上達しません。
動画で使っている素材は、手芸店で売っている「ブロード」です。

ブロード程度の生地であっても、両面テープをはがせなくなります。
もっと薄い生地であれば、織り糸がはがすときに引っ張って、生地が傷になってしまうこともあります。

コンシールファスナーがいっけん上手縫えているように見えても、両面テープが作品に残ったままだと、着ていて両面テープの固さで背中がかゆくなりそうです。

もう一度繰り返しますが、ちょっと敏感な生地だと、無理やり両面テープをはがすだけで生地の織り糸が引きずり出されて、大きな傷になります。

しかも、両面テープをはがす作業や、8㎜くらいで縫ったところを取り除く作業など、簡単そうに見えて後始末が実に大変です。

コンシールファスナーを縫いにくいのはなぜだろう?

そして次回の動画でお見せしますが、出来上がりが決してきれいに作れないという、完全な負の連鎖になってしまって、想像以上に両面テープのコンシールファスナーの付け方は危ないです。

コンシールファスナーの付け方は、縫い止まりの部分は左右同じように、すっと収まってくれることと、左右のコンシールファスナーのつけたところが伸びてもいないし、縮んだりもしてない、なめらかに平らに縫えていることが絶対条件なんですね。

コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのが、とても危険。コンシールファスナーは縫ったところとだけ生地と付いていることが一番良好|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座7

コンシールファスナーを安定させるための方法論として、洋裁では使わない両面テープというミシンに体的な道具を使ってしまう事に問題があります。

簡単そうな奥の手が、実はとても危ない落とし穴だったということが、洋裁ではよくあります。

コンシールファスナーの付け方、縫い方で、コンシールファスナーの土台布と縫い代を両面テープで貼って縫うのが、とても危険.|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座4

どうか情報をうのみにしないで、練習用の生地で試してみて、コンシールファスナーがどんな具合になっているのか、最後まで確認してからその情報を使って本番を縫うようにしましょう。

コンシールファスナーの付け方縫い方で、コンシールファスナーを両面テープで貼って縫うのは危険 動画

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は、洋裁をするための思考

あなたのミシンlifeが今よりもほどく時間を少なくし、完成度を高くして、難しい素材でもちゃんと理論的に考え、失敗を最初からつみ取る思考で作業の順番や方法を考えられるようになることを祈っています。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座では、あなたの洋裁の基礎の知識をスキルアップしていただくだけでなく、理論的に縫おうとするデザインの構造を考え、失敗しそうな部分は逆側から縫うなど、様々なテクニックをご紹介します。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座ではきそてきなちしきのほかに、むうずかしいところは逆側から考えるなど、失敗を摘み取る思考をお伝えします|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座2

あなたがプロの手つきを目に焼き付け、何度も動画を閲覧して発見するうちに、知らずに手が動き始めるようになります。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座ではミシンをかける時にも確認しやすいようにスマホやiPad、iPhoneでも洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の動画を閲覧が可能です。|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座5

ミシンの横でも再生できるように、スマホでもiPhoneやiPadでも動画閲覧が可能です。

一度ご購入した後は、ずっと当店のサービスが継続する限り、閲覧の期限はありません。
洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は69時間の講座の動画の他に、特典の動画もあり、あなたのミシンlifeを飛躍的に上達していただくお手伝いをします。

 

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な、24時間自宅で学べる365回講座1着sewingはセットでお勉強していただくと、相乗効果が高いのでお勧めです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座をご購入をご検討の方は、こちらへ

洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の内容の一覧ページはこちら
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座ステップごとに詳しい詳細が書いてあります。
縫う時の工程の順番の参考になります。
[kanren postid=”2041,2060,2065,2098,2101,2120,2144,2155,2171,2187,2211,2227,2241,2249,2288,2313,2357,2384,2404″]
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の【お客様の声】はこちらです。
[kanren postid=”3134,2791,2468,1406,1419,995,1209,1214,1132″]

コメント

お申し込みはこちら
タイトルとURLをコピーしました