洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座 06

前立てファスナーパンツ

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座 ずぼらでもパリコレ 小川タカコです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の詳細ページです。
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座 06でお伝えすること

パンツの作図と柄わせのポケット
パンツの作図はタイプが色々ありますが
今回は一般的な作図から、製図を自分で書くことに慣れていきましょう!

前立てファスナーのポケットのあるパンツへ挑んでみましょう!
パンツの作図は、原型もなく理解しやすいです。

この回ではパンツを作図から自分で書いて、柄合わせをしながら作り上げていきます。

前立て付きのファスナーはプロも失敗してしまう率が高く、上級者コースです。
洋裁が自宅で学べる365回講座では、難しいもの、基礎を作る基盤と、繰り返しやっていきます。
前立てファスナーはなかなか難しいかもしれないですが、

  1. アウトポケットのプロの縫い方
  2. 脇ポケットの作り方

など、今すぐに使いまわせるスキルもたくさん込めた、充実の回になります。

柄合わせの方法

柄合わせは高級感を持たせる最大の武器
柄合わせは腕前を見せつける、最高で最大の武器です。
あなたのミシンlifeが、他者とは違うレベルにあることを見せつけられます。
柄合わせか~~なんて憂鬱な気持ちになったりしませんか?
柄合わせがばっちり決まっていくときの爽快感は、たとえようもないものです。

お洋服はコストダウンした大量生産のものばかりです。

柄がぴったり合わせてあるお洋服というだけで、存在価値ががぜん高くなります。

大きな柄で前の打ち合わせなどがボタンを閉めるとぴったり柄が重なると、見ただけで感動するほど三度見も振り返っても見てしまうほど、美しいお洋服になります。

講座では早い段階から柄合わせを身につけるために取入れ、実践でプロの技をお見せしていきます。

伸び止めテープやインベルのベルト作り

伸び止めテープの使い方
プロの洋裁では欠かせない伸び止めテープです。
手芸店の伸び止めテープは危険!
手芸屋さんの伸び止めテープは使わないでください。
堅すぎたり風合いを損ねるものが多いので、コットンに適したものは透け感のある、ニット素材の伸び止めテープがよろしいです。
なかなかアパレルのものは手芸店でそろわないので、当店で販売しております。
伸び止めテープ

伸び止めテープ

伸び止めテープのご用命はこちらの副資材のカテゴリーから、下の方にあるプリモアのストレートタイプとハーフバイヤスのタイプからお選びください。

地の目に並行しているときは、ストレートで、カーブしている場所はハーフバイヤスを使います。
職業で縫う仕事をする人間でも、伸び止めテープは自腹でも買ってでも使う、なくてはならない資材です。

アウトポケットをプロ級レベルに!Yシャツにも使える

Yシャツにも使えるアウトポケット
アウトポケットは124回~132回まで87.2分も使って徹底解説

  • まち針を使わず
  • しつけ縫いもない

プロの縫い方でグレードアップをします

アウトポケット 柄合わせ アウトポケット 縫い代の処理 アウトポケット ステッチアップ

アウトポケットの縫い代の角のところが飛び出さない、確実に縫うことだけに集中できる方法をお伝えします。
これだけでも講座を受けた価値があったとお喜びいただいている、キリっとしたアウトポケットを身に付けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください