洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座 17

台衿付きシャツカラー 柄合わせ

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

台衿と上衿を縫う

台衿とシャツカラーを縫い合わせる
台衿は細いので、縫い合わせるのが非常に難しい部分があります。

  1. 折り山を乗り越えて表に出ないように、
  2. でも引っ込み過ぎてズレの原因にならないように
あっちにもこっちにも神経を使い、縫い合わせる時、ミスや事故が起こってしまう原因になります。

ここではズレていなないための対策をして、あなたは単純に台衿の折ったすぐ脇を、静かな気持ちで縫い合わせることに集中してください。

静かに集中できる対策をしてあるので、穏やかな気持ちで縫うことができます。

結局のところ、縫い合わせる時に一番大事なのは、

  • ズレてしまわないようにしなくちゃ…
  • こっちとあっちと、引っ張って、この位置も保って…

このような複合的に気が散る状況が、縫うのを邪魔します。
ミシンの作業は、単純に縫うだけに専念できれば、あまりふらついたりしないで、しっかり縫えます。

台衿はシャツカラーと身頃をつなぎ合わせる細いパーツなので、特に集中レベルを高く維持するための対策が必要です。

対策をしっかりしてあるから、安心して縫えますし、少しでも失敗したときでも冷静にどうやってスタートをし直すのかもお伝えしやって見せているので、ちょっと外れても動揺しないで淡々と進ませることができます。

難しいいところ、苦手な部分になった時こそ、淡々と進める余裕を持つことが何よりも重要です。

台衿をアイロンで整え形にする

台衿をアイロンで整え形にする
台衿にシャツカラーを縫い付け、台衿の裏側の折りをつけるアイロンワーク
台衿を縫い合わせて身頃とのステッチの時に、ねじれて裏側がぐちゃぐちゃになってしまうというお嘆きをお聞きすることが多いです。

私も修業時代大変な思いをしながら、ヒィヒィ縫っていたものでした。

でもある時、ふと高級品はどのように縫われているのかを見に行こうと思いました。
じっくり紳士服のシャツを選ぶふりをして、台衿の裏側に注目して、発見したんです!

アイロンがすごく安定している!

これに気が付いて、台衿の作り方そのものを変えました。
そして台衿の裏側のアイロンワークは特に繊細に神経を使って、行うようにしました。

歴然と差が出ます。
おお!と声が出るほど、その差は大きいです。

あなたにも嬉しい興奮を体験して欲しいと願っています。

台衿を身頃に縫いつける

台衿を身頃に縫いつける
大切に手をかけて縫ってきた台衿を身頃に縫いつけます。
台衿を身頃に縫いつける時は、身頃とのスタートは完全に一致するように、縫い合わせてあげないとB品です。

台衿が身頃より飛び出しているものを、『ゲタをはいてる』と悪い意味で使います。
台衿に限らず、ヨークやカフスなど、本体に何かを取り付ける時に、本体よりも取り付けたパーツが出っ張っていると縫いやすいんですが、完全なNGなのです。

台衿はとがっているので、より身頃よりも出っ張ってしまいやすく、難しいところです。

台衿付きシャツカラー 衿先

このように衿と身頃が一直線になるように、神経質になるほど注意をして縫い合わせます。
そのためのコツをお伝えします~~^^

台衿付きシャツカラーは台衿の裏側の処理も重要(7.33分)

台衿の裏側の処理
台衿の一番困難なところ、裏側の処理方法です。
台衿付きシャツカラー 台衿裏

台衿付きシャツカラーは台衿の裏側がねじれて、最悪の時は、縫い合わせられなくなったりします。
わざと動画の時間を書き入れましたが、ここまでに大切にはぐくんできているので、それほどの困難さはありません。

初心者で不安の多いあなたでも、ちょっとしたコツを覚えると、台衿のステッチが毎回夢のように美しく縫えるスキルが身に付きます。

台衿のコバステッチ

台衿のコバステッチはどこから始めるか?
台衿のコバステッチは、どこからスタートするとよいと思われますか?
台衿の上側の後ろ中心からスタートすると、見た目が美しいです。
台衿付きシャツカラーは、身頃と離れている裏側が気になるので、台衿の身頃と縫ってある下の方からステッチをかけて安定させていきたくなります。

でも、もういろんな処理と対策をしてあるので、ズレてぐちゃぐちゃになっちゃうなんて心配はいりません。

後ろのシャツカラーと縫った上の方から返し縫いをして、右前端に下りてきて、右の先端部分をクリアさせ、そのまま続けて身頃と台衿の裏側の部分をコバステッチで縫い、左先端部を通過し、後ろ中心まで一気にぐるっと一回りします(笑)

地球を一周するくらいの爽快感があるかもです^^
無謀に挑戦するのではなく、そうやってグルリンコと回して縫っても縫いズレが出ない対策をしてあるので、全然、これっぽっちの心配も必要ないようにして、コバステッチを美しく縫うことだけに専念します。

そうやって、心配事は最初に全部摘み取って、縫うことだけに集中するやり方と思考を習慣にしていきましょう!

続きは、大成功の体感が才能を開花させてくれるお話を書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください