洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座 19

箱ポケット

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

洋裁を自宅で学べる「ずぼらでパリコレ」オンライン講座とは

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁が自初めでべる一年講座の小川タカコです。

洋裁が自宅で学べる365回講座の詳細ページです。
洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁が自宅で学べる365回講座 19でお伝えすること

丸首ジャケットを柄合わせをして、箱ポケットの作り方、セットインスリーブで袖のイセの復習、丸首を縫う時のプロの技など、大人ジャケットを作ります。

ジャケットの回は、通常の講義の2~3倍のPDFのテキストや動画をご用意しました

ジャケットの本格的なものを縫えるようになって、この365回講座を修了させたい想いを込めました。

通常の2倍、3倍の長さの動画が一回の講義で2本ある等、ジャケットに必要なことをお伝えするまで
損得は関係なく、私が納得できるお伝えすべきことを全部、収録しました。

ジャケットの回だけでも、講座全体の料金をいただける価値があります。

私は高齢の洋裁師さんが現役を引退していく中で、技術が廃れてしまう事を恐れています。
私がお伝え出来ることだけでも、遺していくことで、いつか【モノづくり日本】が復活することを願っています。

ジャケットの講義にとことん、お伝えすることを出し切るまで、講座の更新をやめませんでした。
ジャケットですから、そんなに簡単には縫えないかもしれませんが、必要なことはすべて解説してあります。

最初は無地で、少しずつ柄物に挑戦したりして、身につけていってくださったら光栄です。

354回目ジャケット 型紙を写す

ジャケットの型紙を写し縫い代付けの復習
ジャケットのようにパーツが多くなってくると
縫い代が正確になっていないと縫えないことがあります。
ジャケットの縫い代付けで、今までやってきた縫い代の正確な付け方を、もう一度復習しましょう。

二枚袖の形の縫い代をつけるのは、一重で裏地が付かない場合は特に気を付けなければいけない点があります。

大きい方が外袖、内側の方を内袖と呼びますが、肘の部分が外袖が長くなっている場合が多いので、寸法を確認しておきます。

柄合わせの裁断

柄合わせの裁断
柄合わせは最強のスキルです。
大きな柄であっても。神経を使った柄の合わせ方を知っているだけで、あなたの世界観は広がります。
ここではそれほど大きな柄というほどではないですが。大きく描いた大正ロマンのような柄を、
1枚の絵をくり抜いたように、ズレを感じさせないで柄を合わせて縫われていると、とても存在感のあるお召し物になります。

お洋服というよりもお召し物のレベルまで、あなたのスキルを高めていただけるきっかけになれば幸いです。

接着芯の裁断と接着の仕方

接着芯の裁断と接着の仕方
接着芯は今までも使ってきていますが、長いものは特に注意が必要です。
接着芯の貼り方を覚え、後ではがれてくるトラブルを、未然に防ぎましょう。

はがれてしまった接着芯は戻せない。
残念ながら一度はがれてしまった接着芯の見返しは使い物になりません。

もしも途中で接着芯が剥がれていることに気が付いたときは、可能であれば取り換えた方が無難です。

箱ポケットの柄合わせと裁断&前後身頃のダーツ

ジャケットでもダーツの復習
ジャケットのダーツは、ひし形のように先端から先端へ縫っていく形です。
エクボにさせず、縫ずれをさせない方法を復習しましょう。
ワンピースにも使えるダーツの縫い方で、応用範囲も広いです。

ジャケットのダーツは尖ったところから縫い、尖った先端で縫い終わります。
このようなダーツでも、経験が全くない方でも美しくダーツが縫える方法があります。

ストンとしたワンピースでもウエスト部分にダーツを入れてあげるだけで、筒状の服から卒業できます。
ダーツはお洋服を立体的に見せ、着る人を美しく見せてくれる魔法です。

後ろ直線のファスナーの付け方はタイトスカートでやっていますから、ダーツの縫い方を確立すれば、あなたは清純ワンピースも縫えるようになります。

ダーツの先端

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください