コンシールファスナーは縫い止まりの返し縫いの先まで縫わないように停止線を作る

コンシールファスナー付け位置 コンシールファスナー

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の小川タカコです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は4月末に5万円値上げをすることにしました。
DVDマニュアルも値上げをします。今回は洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は値上げ直前セールは行わないですが、DVDマニュアルの完成品をセットにしてお得なセールにしようと考えています。

お楽しみに!

コンシールファスナーのDVDマニュアルの追加のお知らせ

コンシールファスナーのDVDマニュアルはすでに完成しているのですが、もうちょっと簡単に誰でもができる方法があるはずだと、ずっと忸怩たる気持ちでもやもやしていたのですが、先日、とても再現性が高い方法で、しかも通常のコンシール押え金で縫えるやり方を思いつきました。

無料で公開できるところを連載で掲載していきますので、楽しんでくださいね!^^

コンシールファスナーはテキトーに行き当たりばったりで縫ったらNG

コンシールファスナーって、普通に上から縫って、縫い止まりまで縫い、反対側も上から縫い止まりまで縫いますよね。

コンシールファスナーを縫う時に、いい加減に縫ってませんか?というお題です。

上から下に縫う時にも、生地がミシンからだらーーんと垂れ下がったのも気にせず、膝にたまったまま縫う。

そういういい加減な縫い方をすると、生地の重みで縫い付けている場所が引っ張られ、伸びるんです。
生地が伸びたくて伸びちゃったんじゃなくて、あなたが生地を引きずって縫ったから伸びたので、原因はあなたの所作が悪いという結論です。

[aside type=”warning”]伸びて縫いつける危険を避ける

  • コンシールファスナーは伸び止めテープがないため、生地が動きやすい
  • 伸びて縫ったコンシールファスナーは反って見苦しい出来上がりになる
  • コンシールファスナーと生地を同じ寸法で縫うことが重要

[/aside]

コンシールファスナーの縫い始めのところをピンで留めて、コンシールファスナーの縫い止まりのところをピンで留めて
生地が無理して引っ張られていないかを、台の上で確認します。

長いものは、当然、作業台の上で確認してください。
[aside type=”normal”]コンシールファスナーと生地の寸法確認は縦地の時だけ

  • この台の上でコンシールファスナーと生地の長さを確認するのは、地の目が縦に通っている場合だけです。
  • 斜めにバイヤスになっている時は、全く方法が違うため誤解しないでください。
  • コンシールファスナーと生地が斜めの時の生地は全く違った扱い方になります。

[/aside]、

コンシールファスナーの押え金は分厚いため縫い止まりが分かりにくい

コンシールファスナーを縫う時に、縫い止まりよりも先まで縫うと、B品決定です。

コンシールファスナーは生地にやさしく沿わせて、ふんわり柔らかい仕立てにしてあげたいのに、縫い止まりよりも下まで行き過ぎて縫ってあると、それだけですごく負担が増し、縫い止まりのところが持ち上がりやすくなり、ダメージが必ず出ます。

縫い止まりをスリムな返し縫いでスキっと縫って、コンシールファスナーは縫い止まりの手前で必ず返し縫いをする。
縫い止まり同士を交錯させないことです。

ところがコンシールファスナー押えは分厚いため、どこまで縫ったのかが分かりにくく、うっかりすると縫い止まりを乗り越えた先まで縫ってしまいます。

コンシールファスナーに停止線を入れる

コンシールファスナー押えが分厚くて、停止場所が分かりにくいのであれば、コンシールファスナーの土台布に停止線を入れましょう。

[box class=”pink_box” title=”コンシールファスナーの土台布に停止線”]

  • コンシールファスナーの土台布に停止線を入れます。
  • 細くて目立ちやすく、縫った後に外しやすいものが良い。
  • 以上の条件から、ミシン糸が最適。

[/box]

コンシールファスナーの土台布に停止線をミシン糸の目立つ色で入れるとコンシールファスナー押えが分厚くても縫い止まりの手前で返し縫いができる1|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座

このように端から中心に向かって手縫いで停止線を入れます。
ごく普通に波縫いで縫って、上下ともに色が出るようにしてあげると、どちらからも確認しやすく便利です。

コンシールファスナーの土台布に停止線をミシン糸の目立つ色で入れるとコンシールファスナー押えが分厚くても縫い止まりの手前で返し縫いができる2|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座

縫い止まりまで縫ったときに、このようになり、針の横に停止線が来たら引き返して返し縫いをすると、縫い止まりより下まで縫わずに済みます。

コンシールファスナーと生地の縫い止まりまでの寸法を、生地でもう一度確認する動画

スリムな返し縫いの動画はこちら

返し縫いの全部をスリムに縫うことにしたら、何よりも縫う訓練になります。
そのうち訓練ではなく、標準装備というありがたい武器として成長します。

あなたの作品がグレードアップするのに必須アイテムが、強固な武器に変身するときがすぐに来ます。

コンシールファスナーのカテゴリーはこちらです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な、24時間自宅で学べる365回講座と1着sewingはセットでお勉強していただくと、相乗効果が高いのでお勧めです。

4月の末に5万の値上げをする予定です。1着sewingも1万値上げします。
ご検討中の方はお早めにご購入くださいませ。
今回は値上げ直前セールは行いません。

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座をご購入をご検討の方は、こちらへ

洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の内容の一覧ページはこちら
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座ステップごとに詳しい詳細が書いてあります。
縫う時の工程の順番の参考になります。
[kanren postid=”2041,2060,2065,2098,2101,2120,2144,2155,2171,2187,2211,2227,2241,2249,2288,2313,2357,2384,2404″]
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の【お客様の声】はこちらです。
[kanren postid=”2791,2468,1406,1419,995,1209,1214,1132″]

コメント

お申し込みはこちら
タイトルとURLをコピーしました