コンシールファスナーは生地を伸ばさない工夫を

コンシールファスナーを美しく縫うために生地をミシンの下にたらさない コンシールファスナー

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の小川タカコです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は4月末に5万円値上げをすることにしました。
DVDマニュアルも値上げをします。今回は洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は値上げ直前セールは行わないですが、DVDマニュアルの完成品をセットにしてお得なセールにしようと考えています。

お楽しみに!

コンシールファスナーのDVDマニュアルの追加のお知らせ

コンシールファスナーのDVDマニュアルはすでに完成しているのですが、もうちょっと簡単に誰でもができる方法があるはずだと、ずっと忸怩たる気持ちでもやもやしていたのですが、先日、とても再現性が高い方法で、しかも通常のコンシール押え金で縫えるやり方を思いつきました。

無料で公開できるところを連載で掲載していきますので、楽しんでくださいね!^^

コンシールファスナーを縫いつける時は生地が伸びない工夫をする

コンシールファスナーは、生地の方に伸び止めテープを貼ることをしないため、生地がそもそも伸びてしまいやすい現象があります。

ミシンの下にだらんと垂れさがった状態で縫うと、生地は重力で下に引っ張られている状況にあります。

コンシールファスナーに限らず、生地を必要以上に引きずって縫うような状況は、全く好ましくありません
好ましくないというよりも、

わざわざ失敗する目的で縫っているの?というくらい、断然 NGの最たるものです。

ミシンの下に垂れ下がった分だけ、ミシンの送り歯と押え金にはさまれた生地は、引きずられていくという認識を強く持ってください。

コンシールファスナーの生地を伸ばさない解決策は実に簡単

コンシールファスナーの失敗の最たる理由になる、生地の伸びを防ぐ解決策は簡単です。
[box class=”pink_box” title=”生地を伸ばさないで縫う方法”]

  1. 折り紙のようにシワになったり、
  2. ゆがんだりさせないように、丁寧に広げて
  3. その上にそっと折りたたんで、ミシンの上に持ち上げてあげるだけ。

これだけです。
[/box]

コンシールファスナーは左右で縫うので、縫う方の側ではない方に下から上に斜めに畳んで、ミシンの台の上に持ち上げてあげましょう。

家庭用ミシンの人は、ミシンの周りが狭くて場所もないというなら、長い部分や、コンシールファスナーなどの重要箇所は、リビングのテーブルの上で作業するなど、解決策を考えた方がいいでしょう。

生地に重力とミシンで引っ張られる負担を与えないことが肝心です。

コンシールファスナーに限らず、生地を縫う時に基本姿勢として、引きずって縫われるような痛々しい負担を、生地に与えないように縫うことが大変重要です。
[aside type=”normal”]生地をミシンの下にたらさない
ミシンの台より下に生地を垂らすと、

  1. 重力で引っ張られ、
  2. ミシンの押え金の下まで生地の重みが影響し、
  3. 生地が不不自然に伸びてしまう原因になる

[/aside]

コンシールファスナーを美しく縫うために生地をミシンの下にたらさない|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座

コンシールファスナーを美しく縫い付けるために、生地を安定させ、平らな状態で縫う

コンシールファスナーに記事を縫い付ける時に、生地が伸びてしまうと、
コンシールファスナーが反り返る非常に見苦しい出来上がりになります。

コンシールファスナーが悪いのではなく、あなたの生地の設置の仕方が悪いのです。

  • 生地を斜め上に折り上げて、
  • ミシンの台の上にある範囲の生地が、平らで
  • ふわっとティッシュが乗ったように、
  • どの部分からも引っ張られないようにしてあげる

これは、ミシンを縫う時にコンシールファスナーに限らず、どんな時でも同じです。

【生地を寛がせてあげる】と、洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座ではいつもお伝えしているのですが、生地が斜めに引っ張られていたら、地雷原の中を目隠しで歩くようなものだよというんです。

生地が引っ張られていることに意識が行かない状況では、どんなトラブルが起きても不思議はないというわけです。

今回は動画は短くさらっと流していますが、非常に重要なことなので、1回分に分けで解説をしました。
ぜひ、コンシールファスナーの時に限らず、常に生地が平らになっていることに意識を向けて、素敵な作品に仕上げてくださいね。

[aside type=”normal”]生地が平らになっているとは?
生地は縦糸と横糸で織られています。
織り糸を見て、

障子のように縦と横が正常な状況になっていれば、伸びてない
おひな様のひし餅のように斜めになっていたら、伸びている
[/aside]

コンシールファスナーを美しく縫うために生地をミシンの下にたらさない|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座1-min

コンシールファスナーを美しく縫うために生地をミシンの下にたらさない|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座4-min

バイヤスのスカートなど、そもそも生地を伸びるようにしてドレープを楽しむようなデザインは、生地が自然に伸びるようにして、ミシン糸も少し伸ばし加減で縫います。

コンシールファスナーを美しく縫うために生地をミシンの下にたらさない|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座2-min

コンシールファスナーを美しく縫うために生地をミシンの下にたらさない|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座3-min

そこはケースバイケース。
洋裁は臨機応変ができないとものになりません。

何は一つの縫い方で、全部を押し通るような事をしないで上げてくださいね。

コンシールファスナーの生地を伸ばさない工夫 動画

コンシールファスナーの下の生地が平らになるようにするには、生地を折りミシンの台の上に置くことが大切な気づかいです。

なぜなら、コンシールファスナーは縫ったときの微小な伸びの不具合も、形になって表れるプロでも難しいコンシールファスナーだからです。

コンシールファスナーのカテゴリーはこちらです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な、24時間自宅で学べる365回講座1着sewingはセットでお勉強していただくと、相乗効果が高いのでお勧めです。

4/30の23時に洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は89000円から139000円に
1着sewingは24900円から34900円に値上げをします。
ご検討中の方はお早めにご購入くださいませ。

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座をご購入をご検討の方は、こちらへ

洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の内容の一覧ページはこちら
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座ステップごとに詳しい詳細が書いてあります。
縫う時の工程の順番の参考になります。
[kanren postid=”2041,2060,2065,2098,2101,2120,2144,2155,2171,2187,2211,2227,2241,2249,2288,2313,2357,2384,2404″]
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の【お客様の声】はこちらです。
[kanren postid=”2791,2468,1406,1419,995,1209,1214,1132″]

コメント

お申し込みはこちら
タイトルとURLをコピーしました