コンシールファスナーは縫い止まりの縫い目から生地に適した分量を離して縫い付ける

コンシールファスナーを美しく縫うために縫い目とのつながりの分量を離して縫う|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座④ コンシールファスナー

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の小川タカコです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の値上げの期日と時間のお知らせ

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は4月末に5万円値上げをすることにしました。

4/30の23時までにお申し込みメールが到着するように、ご注文してください。

23時にショップの金額を5万円アップし、税抜きで139000円となります。
1着sewingは1万円の値上げで34900円です。

「時間が過ぎちゃった!」という場合、時間が過ぎての駆け込みにご対応は出来かねますので、十分に時間の余裕をもってお申込みいただけますよう、お願い申し上げます。

DVDマニュアルも値上げをします。今回は洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は値上げ直前セールは行わないですが、DVDマニュアルの完成品をセットにしてお得なセールにしようと考えています。

DVDマニュアルのお得なセールの期日は決まっていません。
場合によっては、やらない時もあるかもしれません。
DVDの在庫を抱えることになるのと、発送業務など私一人の運営では難しい部分が出てくるため、十分にご対応できるタイミングがあれば、セールをしようかなという感じです。

在庫を確保しやすくするための、DVDダビングのマシンを購入したり、DVD販売強化の準備はしております。

コンシールファスナーのDVDマニュアルの追加のお知らせ

コンシールファスナーのDVDマニュアルはすでに完成しているのですが、もうちょっと簡単に誰でもができる方法があるはずだと、ずっと忸怩たる気持ちでもやもやしていたのですが、先日、とても再現性が高い方法で、しかも通常のコンシール押え金で縫えるやり方を思いつきました。

無料で公開できるところを連載で掲載していきますので、楽しんでくださいね!^^

コンシールファスナーの連載④ コンシールファスナーは縫い止まりより外側を縫う

コンシールファスナーの縫い止まりのところに、真っすぐにコンシールファスナーを縫うつけてしまうと、生地が持ち上がる分がないため、どんなにきれいにコンシールファスナーを縫い付けても、不良品となってしまいます。

コンシールファスナーの返し縫いが悪くて、コンシールファスナーを正しく縫い付けても本体の縫い止まりが縮んでいるためコンシールファスナーが失敗したように見える|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 ずぼらでもパリコレ

上の画像はコンシールファスナーの連載①の返し縫いが縮んでいる時のコンシールファスナーの不良と極めてよく似ています。

本体の縫い止まりの下までコンシールファスナーを縫い付けてしまうと、

  • 本体の縫い代がゆがんだり、
  • 引っ張られたりして

コンシールファスナーと強調してくれなくなります。

コンシールファスナーは本体の縫い止まりに達するところでキリっと返し縫いをして、しっかり縫い留めます。

本体のコンシールファスナーの縫い止まりのところは、3往復をゆっくり行い、縮まないようにだけしますが、コンシールファスナーは3針往復よりも2針、1針など細かく返し縫いをして、強固に縫っておきます。

これについてはまた、記事にしますのでお待ちくださいね。

コンシールファスナーを少し外側に縫わないと不良になる理由

コンシールファスナーを美しく縫うために縫い目とのつながりの分量を離して縫う|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座2

この画像は上がコンシールファスナーの縫いつけの縫い目で、下の方が本体の縫い止まりの縫い目です。

このように生地の厚み分の適切な量を正確に、縫い止まりより外側に縫って、コンシールファスナーのムシが縫い目の下に潜り込めるすき間を作ってあげます。

その辺は動画で解説しているので、ご覧になってくださいね^^

コンシールファスナーは微妙な分量で不良になりやすい難しい部品

生地の厚みや生地の堅さで縫い止まりから話す分量が変わってくる、非常に繊細なコンシールファスナーなので、正確さが特に重要になります。

ちょっとでもズレたり、目で見た感覚だけで対処するには、コンシールファスナーのご機嫌は良くなりません。

コンシールファスナーを美しく縫うために縫い目とのつながりの分量を離して縫う|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座4

上の画像は突合せに近くなっていて、必要な分量が入っていません。

コンシールファスナーを美しく縫うために縫い目とのつながりの分量を離して縫う|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座3

そこで反対側では、分量を大きく離して補助しています。
このような正確さのない状態はあまり感心したものではありません。

コンシールファスナーを美しく縫うために縫い目とのつながりの分量を離して縫う|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座5

コンシールファスナーを縫いつける時の分量が少ないと、上の画像のように、縫い止まりの部分のミシン目が広げられてしまう原因になります。

 

コンシールファスナーは微妙な分量でも不機嫌になったり、0.5㎜違っただけでご機嫌がよくなる部品なんだと、認識をすることが大事です。

コンシールファスナーを縫いつける時に失敗を防ぐアシストする方法

コンシールファスナーがどんな素材でもニコニコ健やかに微笑んでくれるようになるために、
どうしたらいいのかという究極的な方法があります。

  1. 絶対にズレない
  2. 動かしてもびくともしない
  3. 振動に耐えうる
  4. 適切な場所を簡単に固定できる

この条件を満たす方法です。

しかもコンシールファスナーがご機嫌に縫いつけることができたら、サクサク外せるものがいいのは言うまでもありません。

上手くいかない部品こそ、アシストする優秀な方法があれば、こんなに簡単でいいんだっけ???と思うくらい安全に安心して縫えます。

コンシールファスナーの機嫌を良くするために、どの場所に、どのようにアシストすると良いのかは有料で詳しく解説します。

追加のコンシールファスナーのDVDマニュアルの販売をお待ちくださいね^^

コンシールファスナーの縫う位置、コンシールファスナーに必要な縫い目のつながりに違和感がない分量を正確に縫う動画

では、動画をどうぞ。

コンシールファスナーのカテゴリーはこちらです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な、24時間自宅で学べる365回講座1着sewingはセットでお勉強していただくと、相乗効果が高いのでお勧めです。
4/30の23時に洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は89000円から139000円に
1着sewingは24900円から34900円に値上げをします。

ご検討中の方はお早めにご購入くださいませ。

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座をご購入をご検討の方は、こちらへ

洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の内容の一覧ページはこちら
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座ステップごとに詳しい詳細が書いてあります。
縫う時の工程の順番の参考になります。
[kanren postid=”2041,2060,2065,2098,2101,2120,2144,2155,2171,2187,2211,2227,2241,2249,2288,2313,2357,2384,2404″]
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の【お客様の声】はこちらです。
[kanren postid=”2791,2468,1406,1419,995,1209,1214,1132″]

コメント

お申し込みはこちら
タイトルとURLをコピーしました