コンシールファスナーを上手に縫っても縫い止まりの返し縫いで失敗したように見える 縫い付け編

コンシールファスナーの返し縫いが悪くて、コンシールファスナーを正しく縫い付けても本体の縫い止まりが縮んでいるためコンシールファスナーが失敗したように見える|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座 ずぼらでもパリコレ2ac mini コンシールファスナー

こんにちは。「ずぼらでパリコレ」洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の小川タカコです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座の値上げの期日と時間のお知らせ

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は4月末に5万円値上げをすることにしました。

4/30の23時までにお申し込みメールが到着するように、ご注文してください。

23時にショップの金額を5万円アップし、税抜きで139000円となります。
1着sewingは1万円の値上げで34900円です。

「時間が過ぎちゃった!」という場合、時間が過ぎての駆け込みにご対応は出来かねますので、十分に時間の余裕をもってお申込みいただけますよう、お願い申し上げます。

DVDマニュアルも値上げをします。今回は洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は値上げ直前セールは行わないですが、DVDマニュアルの完成品をセットにしてお得なセールにしようと考えています。

DVDマニュアルのお得なセールの期日は決まっていません。
場合によっては、やらない時もあるかもしれません。
DVDの在庫を抱えることになるのと、発送業務など私一人の運営では難しい部分が出てくるため、十分にご対応できるタイミングがあれば、セールをしようかなという感じです。

在庫を確保しやすくするための、DVDダビングのマシンを購入したり、DVD販売強化の準備はしております。

コンシールファスナーの反対側を上から縫うときも下糸を引き出す

コンシールファスナーの片側を縫ったら、コンシールファスナーの下側を整えて、上の部分の縫いつけるところまで平らに伸ばして、コンシールファスナーの押え金の下にスライドさせます。

この時に、手はコンシールファスナーと生地を持っているのですが、右手と左手の薬指と小指で、下糸を引き出しておきましょう。

もちろん最初から引き出して縫う準備をすればいいのですが、そこまで気が回らず、コンシールファスナーを正確に縫うことだけに気を取られていると、下糸を引き出してないという事はしょっちゅうあります。

集中しているため、周りが見えて状態になっているから、下糸のことなんて縫う直前まで気が付きません。

ですので、手を上手く使って下糸を引き出してあげると、コンシールファスナーに対しても優しい配慮になりますし、縫う直前でいったん気を引き締め直すための時間としても有効です。

コンシールファスナーの反対側を縫う

コンシールファスナーの縫い止まりの位置をしっかり安定させて、上に直線でコンシールファスナーを伸ばし、スタート位置を決めます。

この時も下の画像で停止線を入れたように、スタートの位置も縫い目で印を入れた方が賢明かもしれません。

コンシールファスナーの土台布に停止線をミシン糸の目立つ色で入れるとコンシールファスナー押えが分厚くても縫い止まりの手前で返し縫いができる1|洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座

コンシールファスナーの印付けは、ミシン糸を使う理由

なぜミシン糸で印をつけているのかお分かりになる方はいらっしゃるでしょうか?

チャコペンなど印付けに使うものは、どんなにとがらせても、直径が太く、位置が曖昧になるからです。

ミシン糸は目立つ上に、細く真っすぐなので、位置決めをピンポイントでシャープに位置を示してくれます。

コンシールファスナーのように過敏にズレを形に表すようなファスナーは、特に0.5㎜もズレがあると、
[voice icon=”https://nuitai.net/wp-content/uploads/2019/04/fd5e787b728bd8704878d510947f88f9.jpg” name=”コンシールファスナー” type=”l line”]

ズレた~~~!ズレてる~~~~~~~~~~~!
[/voice]

と大げさすぎるだろ?っていうくらいに不平不満をわめきます。
ゆがんでいるのを、事さらに強調してるだろ。って
びっくりするくらいに、たった0.5mmでも「ズレた~~~」って言われちゃうのがコンシールファスナーという部品です。

ですので、印は生地に何かで書くのではなく、ミシンの糸を使ってシャープに一点集中したポイントを示すようにします。

スタートの左右の位置もスタートラインとして、コンシールファスナーの土台布にミシン糸で印をつけておくと、より左右のズレが少なくなります^^

ミシン糸を使った印付けはとても便利で、ズレが少なく見やすいですから、いろんな重要な場面で多用してくださいね。

 

コンシールファスナーの反対側を上から縫って、停止線で止める

コンシールファスナーの反対側を何気なくサクサク縫ってるように見えるのは、仕掛けが施してあるので、揺れがないからです。

丁寧に仕掛けをしてあると、縫うのも安心ですからいろんなところに気を配ることができます。

安全い出来上がる仕掛けがあるので、不安でびくびくしないで済むので、よりきれいに縫うことが可能です。

あなたがミシンを縫う時に、失敗するのではないかという不安が強いときは、不安を感じるお心をねじ伏せないで上げてください。

どうしたら不安を安心に変えることができるのか、逆算して仕掛けができるのであれば有効な手段の仕掛けをして、安心に安全に縫える状況を作りましょう。

今はまだやってないですが、私が繰り返す仕掛けというのは、両面テープではないです(笑)
コンシールファスナーに両面テープは全く歯が立ちません。

生地に粘着させて縫い代を固くし、不良を量産するだけでしかないです。
その辺もDVDマニュアルが完成したらやってみたいなと思ってます^^

コンシールファスナーを上手に縫っても縫い止まりの返し縫いで失敗したように見える 縫い付け編

では、動画をどうぞ。

コンシールファスナーのカテゴリーはこちらです。

洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な、24時間自宅で学べる365回講座1着sewingはセットでお勉強していただくと、相乗効果が高いのでお勧めです。
4/30の23時に洋裁教室や独学でお悩みの方に最適な24時間自宅で学べる365回講座は89000円から139000円に
1着sewingは24900円から34900円に値上げをします。

ご検討中の方はお早めにご購入くださいませ。

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座をご購入をご検討の方は、こちらへ

洋裁が自宅で学べる365回講座

洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の内容の一覧ページはこちら
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座ステップごとに詳しい詳細が書いてあります。
縫う時の工程の順番の参考になります。
[kanren postid=”2041,2060,2065,2098,2101,2120,2144,2155,2171,2187,2211,2227,2241,2249,2288,2313,2357,2384,2404″]
洋裁教室や独学でお悩みの方に自宅で学べる365回講座の【お客様の声】はこちらです。
[kanren postid=”2791,2468,1406,1419,995,1209,1214,1132″]

コメント

お申し込みはこちら
タイトルとURLをコピーしました